メルヴィータ ロルロゼブリリアントボディオイル 口コミ

なんだか太ももがたぷたぷになってきた…

太い太ももの女性

こんにちは、ミカです(*^^*)
都内在住30代OLです。

 

30歳を過ぎたあたりから代謝が落ちてきたのを感じ始めました。
ちょっとでも食べ過ぎると、翌日太ももがたぷたぷに(>_<)

 

さらに、お尻や腰まわりにも肉がついてきたような…
加齢には勝てないですね。

 

ボディラインの崩れに危機感を覚え、ロルロゼブリリアントボディオイルでケアしてみることに。

 

これに決めた理由は、元々メルヴィータのアルガンオイルを愛用していたことと、インスタで好きなモデルさんがオススメしていたから♪

 

ロルロゼブリリアントボディオイルを実際に使ってみたよ。

メルヴィータのロルロゼブリリアントボディオイル

まず、ボトルの上品でキュートな感じに胸がキューン(*´ω`*)
やっぱり毎日使うものだから、見た目がかわいいとテンションが上がりますよね。

 

スプレー式なので、必要な分だけ出せるのがうれしい♪
ただ、スプレータイプはイヤ、オイルぬったあと更にワンプッシュというとき面倒っていう人もいるみたいです。
これは人それぞれ好みですよね。

 

わたし。これの香りが好き。
ちょっぴりスパイシーな深みのあるローズ系。
エキゾチックでリッチな気分になります♪

 

透明なオイルです。
少量でも伸びが良く肌なじみもバツグン。
オイルなのにベタつかず使いやすいですね。
ベタベタしないので、すぐにパジャマを着てもOK。

 

気になる太ももやお尻、腰まわり、お腹にぬりぬり。
好きな香りでリラックスしながら、楽しいマッサージタイム。

 

もう1本使い切る頃なんですが、保湿力が高くて、お肌がもっちもっちに。
つるつるすべすべで、調子がよくなったのが一目で分かります。

 

1番気になっていた太もものぷよぷよ感もなくなって、太ももの間にいつもすき間が見えるように(*^^)v
キュッと引き締まってうれしい。

 

脚が軽くなって、毎日ごきげん。
ピンクペッパーのすごさを実感しました。

 

雑誌「美的」の2018年上半期ボディケア部門で第1位を獲得したのも納得です。

 

即効性が高いので、できるだけ早くキュッとなりたいならオススメです。
「むくみやセルライトがー( ノД`)」っていう人は使ってみてください。
わたしもリピートしようと思ってます♪
エコサートのオーガニック認証コスメなので、毎日安心して使えますよ。
>>メルヴィータ公式サイトはこちら

 

ビューティーボディ3STEP

ビューティーボディ3STEP

ちなみに今回わたしが購入したのは、ビューティーボディ3STEPです。

 

今回書いたロルロゼ ブリリアント ボディオイルの他に、ロゼエクストラ オイルイン ウォッシュスクラブとロゼエクストラ ウォーターオイル フォーレッグが付いてます。

 

更にプレゼントとしてパワフル レッグマッサージャーがセットに。

 

最初は、ボディオイルだけ買おうかなと思っていたのですが、マッサージャーが気になってこちらのセットを購入してしまいました。

 

でも、結果よかったです。
ハンドだけでマッサージするより、よりパワフルで効果も出やすかったと思います(*^^*)
>>メルヴィータ公式サイトはこちら

 

ボディオイルでのケアはもう常識!?

美容に敏感な人たちの間ではボディオイルでマッサージをするケアが普及しつつあります。

 

でも、ボディクリームとは何が違うのか、どのような使い方をすれば効果が出やすいのかが分からずに手探りで始めている人も多いようです。

 

せっかく取り入れるのですから基本的な知識や効果的な使い方をマスターして、できる限り効果を引き出せるようにしたいところですね。

 

【基本】ボディオイルって何?

簡単に言うとボディケア用に作られている美容オイルのことであり、フェイシャル用として開発されている商品とは含まれている成分・効果に違いがあります。

 

冬場などは乾燥している肌をしっとりとさせるために使う人も多いのです。
また、それ以外にもむくみを解消したりセルライトを取り除いたりといった引き締め効果も期待できますね。

 

最近ではオーガニックに絞り込んで選ぶ人も多く、合成香料を配合せずにアロマオイルで香り付けがされている商品は優れたリラクゼーション作用を得ることができますのでオススメです。

 

あなたの好きな香りを選ぶことができれば、毎日のお手入れの時間が楽しみになりますよ(#^^#)

 

ボディオイルとボディクリームって何が違うの?

ボディクリームにもオーガニック商品はありますしマッサージに特化したものもありますので何が違うのかが分からないという声も多いのですが、使ってみてすぐに分かる違いがあります。

 

それは滑りの良さであり、クリームと比べるとオイルの方は少量でも広範囲に伸びますのでとても便利です。
肌がかさついていて皮膚が硬くなっているようなところは滑りが悪いのでクリームではマッサージが大変になることがあります。

 

そういうときにオイルを使えば途中で引っかかることなくスムーズに行なうことができますよ♪

 

滑りが良いことは分かっているがベタつくのが苦手だという人もいるかもしれません。
その場合はお手持ちのボディクリームやミルクに混ぜて使うことで少しさっぱりとした使い心地になり、肌なじみもアップします。

 

その場合1つだけ注意点があります。
それは、使う直前に混ぜないと油分が分離してしまうことがあり、成分が変化するケースもあることです。

 

ボディオイルの効果的な使い方を確認しましょう。

タイミングはお風呂上りが最適です。
清潔でキレイなカラダに使うのがベスト。

 

入浴後に水気を軽く拭き取った後になるべく早くつけるのがポイントです。
時間が空いてしまうと肌が乾燥してしまいますので、間を空けずにつけるように心がけましょう。

 

お風呂に入った後は全身の血行が促進されていて体温も上昇しています。
温かくなった肌にはボディオイルが非常になじみやすいですし、潤いも逃しません。

 

汗をかいている時にはつけてもすぐに浸透しないことがあるため、大量の汗をかいている場合には少し引くのを待ってからつけるのもオススメの方法です。

 

ボディオイルは人肌に温めてから使いましょう。

容器から手に取ったオイルをすぐに肌につけてしまうのはちょっと待って!
手のひらで温めてから使うと効果がアップします(*^^)v

 

オイルですから冷えると滑らかさが損なわれてしまい、つけた部分から広げることが難しくなります。
無理矢理広げようとすると摩擦によって肌がダメージを受けてしまう恐れがありますので注意しましょう。

 

上手く広がらずに厚塗りになってしまうと毛穴が詰まって黒ずみやニキビの原因にもなります。
また、冷たいオイルを塗ることで肌の毛細血管が収縮してしまい、マッサージの効果が現われにくくなります。

 

冷え性の人は更に血流が悪くなるという悪循環に陥りますので、手の平であらかじめ温めたものを塗り広げるのがオススメ。

 

ケチケチしないで適量を使いましょう。

また、もったいないなどと思わずに適量を使うことも大切です。
少量で広げようとすると肌をこすってしまってトラブルのリスクが高まります。

 

毎日こすり続けるとメラニン色素が増えてシミや色素沈着が起こることもありますし、キメが粗くなってシワが増えることもあります。

 

一度にたくさんの量を取ると広げるのが大変になりますので、パーツごとの適量を手にとってそれぞれの場所に広げていくのがコツです。
こうすると塗りムラをなくすことができ、満遍なく広げることができますよ(*^^*)

 

目安として、一度に手の取る量は500円玉大くらいにすると失敗しません。
少なすぎると摩擦によるトラブルが起こりますが、多過ぎても毛穴詰まりの原因になりますので、適量にしましょう。

 

500円玉大のボディオイルを手に取って、その量で広げられる範囲をあらかじめ確認しておくという動作を繰り返すとちょうど良く塗り広げられます。

 

配合成分もチェックしてみて。

あとは配合されている成分が重要であり、むくみを取り除いたりセルライトの排出を促したりするような成分が含まれていると引き締め効果を実感しやすくなります。

 

あなたが改善したいと思っている点があるはずですので、その悩みを解消してくれるような成分が含まれているかをチェックしながら選ぶことが重要。
必要な成分が含まれているものを取り入れて正しい使い方ができれば引き締め効果はアップしますよ♪

 

メルヴィータのロルロゼブリリアントボディオイルなら、お肌をキュッと引き締めてくれるピンクペッパーがたっぷり配合。
しっかりうるおいながら、キュッとしたシルエットになりますよ(*^^*)
>>メルヴィータ公式サイトはこちら